神経科

診療対象疾患神経疾患全般(中枢神経疾患、末梢神経疾患、筋疾患など)
獣医師紹介

主任
金園 晨一 SHINICHI KANAZONO

【学位・称号・資格】
獣医師、米国獣医内科専門医(神経内科-神経外科)

【略歴】
2004年 岩手大学農学部獣医学科卒業
2013年 University of Missouri, College of Veterinary Medicine
    神経科-神経外科レジデント修了 
    米国獣医神経科専門医取得
2013年 埼玉動物医療センター神経病専門外来

獣医師
森 清華 SAYAKA MORI
 
獣医師
上林 一希 ITSUKI UEBAYASHI

診察日

月・火・木・金曜
※救急症例については、ご相談ください。

診察予約ご予約は下記いずれからでも承ります

WEB オンラインフォーム ▶︎

TEL 048-229-7390(9:00~17:00)

FAX ダウンロード診療依頼書

ダウンロード問診票
飼い主様お渡し用 神経科問診票

神経科受診をご希望の際には、実施可能な場合は2週間以内の血液検査・レントゲン検査画像を送付頂きますようお願いいたします。
MRI・CT 検査をすでに実施された場合には、必ず画像データを送付頂きますようお願いいたします。


診療予約の流れを見る

取り組み

神経疾患は臨床徴候の評価(神経学的検査)がきわめて重要であり、これには十分な知識と経験が必要です。神経学的検査で疑われた病変部位の確認と、その原因を知るためCTやMRI検査が活用されています。当科では熟練された臨床技術を要するスタッフとともに、院内に設置された画像検診センター・キャミックと連携し、最新のMRIやCTを駆使した診断を実施しています。また、治療はホームドクター様と連携した内科対応とともに専属外科チームによる手術も可能です。

【現在実施しているリサーチ】
● 遺伝性神経疾患(脊髄変性症、ライソゾーム病など)

  • 遺伝子検査を実施

【当科で検討し現在使用している検査】
● 脳脊髄液検査および血液検査

  • CDV抗体・抗原、FIP抗体・コロナウイルス抗原のリアルタイムPCR、抗GFAP抗体、Toxo抗体価

● 血液検査

  • ネオスポーラ抗体価、アスペルギルス抗体価、クリプトコッカス抗体価、抗Achレセプター抗体、コーギーのDM(変性性脊髄症)の遺伝子検査、フェノバール血中濃度、ゾニサミド血中濃度、シクロスポリン血中濃度、CRP

● その他

  • 脳脊髄液一般検査(NSEも含む)、脳脊髄液細胞診
    指定外注ラボについては現在検討中です。