皮膚科

  • 診療対象疾患皮膚炎、感染症、アレルギー疾患、内分泌疾患、自己免疫疾患、 皮膚腫瘍、角化異常、先天性皮膚疾患、皮膚科心身症、耳疾患など
    獣医師紹介

    部長
    永田 雅彦 MASAHIKO NAGATA

    【学位・称号・資格】
    獣医師、博士(獣医学)、アジア獣医皮膚科専門医

    【略歴】
    1983年 日本大学農獣医学部獣医学科 卒業
    1985年 日本大学大学院獣医科研究科修士課程修了
    1988年 Cornell University 留学
    1989年 日本獣医畜産大学臨床病理学研究室研究生
    1994年 どうぶつ皮膚病センター設立
    1997年 ASC設立
    2011年 当科部長

    【所属学会】
    一般社団法人 日本獣医皮膚科学会会長、アジア獣医皮膚科学会設立理事、
    アジア獣医皮膚科専門医協会副会長

    レジデント AiCVD公認
    星野 友哉 TOMOYA HOSHINO

    【学位・称号・資格】
    獣医師
    【略歴】
    2013年    鹿児島大学農学部獣医学科 卒業
    2013-2016年 なかじま動物病院 勤務
    2016-2017年 塚越動物病院 勤務
    2017年    当院勤務

    診察日

    月曜日 9:30〜12:00/13:00〜17:00 担当医 永田雅彦・星野友哉
    水曜日 9:30〜12:00 担当医 永田雅彦・星野友哉
    土曜日 9:30〜12:00/13:00〜17:00 担当医 永田雅彦・星野友哉
    日曜日 9:30〜12:00/13:00〜17:00 担当医 星野友哉

    診察予約ご予約は下記いずれからでも承ります

    WEB オンラインフォーム ▶︎

    TEL 048-229-7390(9:00~17:00)

    FAX ダウンロード診療依頼書

    ダウンロード問診票
    飼い主様お渡し用 皮膚科問診票 イヌ
    飼い主様お渡し用 皮膚科問診票 ネコ

    診療予約の流れを見る

    取り組み
    1. 犬や猫の痒み行動には様々な皮膚病があり、さらに精神など皮膚科以外の要素も複雑に関与します。また脱毛の原因も様々で、その評価および治療には多角的な検討が求められます。当科には難治例が集まることから、新しい診療技術の開発に取り組むとともに、豊富な臨床経験を駆使した柔軟な対応を検討しています。
    2. 皮膚病ではいわゆるアレルギー検査や細菌検査などの様々な検査が実施されますが、正しい評価には検査の精度とともに実施者の技術や知識が要求されます。当科では検査が一人歩きしない診療を心がけるとともに、検査の適正使用を目的とした臨床研究を行っております。
      【当科で検討し現在使用している検査】
      ・IgE(モノリス、日本全薬工業)
    3. 皮膚科では皮膚の一部を採取する皮膚生検が日常的に行われています。本検査は通常診療に参加しない病理医が診断しますが、当科では臨床と病理に解離が生じないよう、病理医と連携しながら皮膚科医自身が診断をしています。また他施設と連携し、特殊な組織検査にも対応できる体制を整えています。 オトスコープシステム(飛鳥メディカル)
    4. 耳は本来耳鼻科あるいは神経科領域の診療科目ですが、外耳は皮膚で被われていることから通常皮膚科で扱われます。当科では診療に耳科内視鏡を導入し、外からみえない領域についても慎重に観察し、その病変を記録することで飼い主様とともに病気の経過を追跡していきます。