よくあるご質問


診療料金やお支払いについて

Q:どうして夜間救急の診療料金は昼間に比べて高いのですか?
A:夜間救急では、緊急疾患に対応できるだけの医療・検査機器が不可欠なほか、ある程度経験を積んだ獣医師や動物看護師を深夜時間帯に安定的に確保する必要があります。そのような理由から夜間救急の診療料金は割高になっておりますが、飼い主様とどうぶつ達の夜間の安心にお応えできるような診療態勢を整えておりますので、何とぞご理解いただけますようお願いいたします。


Q:支払いはクレジットカードしか使えないのですか?
A:現金でも可能ですが、夜間のため、防犯上の理由からできるだけクレジットカードをご利用いただけますようお願いしております。


Q:使えるクレジットカードの種類は?
A:お使いいただけるクレシジットカードは次のとおりです。



Q:動物保険は使えますか?
A:はい、どちらの動物保険も対応可能です。
※アニコムにつきましては当院窓口で対応できますので証券(カード)をお持ちください。
それ以外につきましては、各保険会社により対応が異なりますのでご相談ください。

ご利用について

Q:夜間救急はどのような症例が多いのですか?
A:誤って異物を飲み込んだり、下痢や嘔吐、けいれん、呼吸困難を起こしたり…といった突然の症状から、負傷や交通事故など、来院理由は様々です。


Q:必要な場合は手術をしてもらえるのですか?
A:夜間救急はかかりつけ医の診療時間外をサポートする応急処置を原則としていますが、一刻を争う状態の場合はもちろん手術を行います。それ以外の場合は応急処置に徹し、翌日、かかりつけ医を受診していただく時に必要であれば手術を受けていただけるよう、処置・連絡に最善を尽くします。


Q:ふだん通っているのは別の地域の動物病院なのですが、もしもの時は利用できますか?
A:もちろんご利用いただけます。当院の株主(協力)病院であるか否かに関わらず、夜間救急はどなたでも等しくご利用いただけますので、もしもの時はすぐにお電話ください。


Q:電話で予約した後、キャンセルしたい時はどうすればよいのですか?
A:容態が落ち着くなどして、夜間救急に行くまでもないと飼い主様がご判断されたのであれば もちろんキャンセルしていただいてかまいませんが、必ずその旨お電話をいただけますようお願いいたします。夜間救急はお電話を受けた後、スタッフが診療態勢をできるだけ万全な状態に整えて飼い主様のご来院をお待ちしております。ご連絡いただけませんと後の飼い主様をお待たせするなどご迷惑が他に及ぶ場合もありますので、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。


Q:予防注射などはお願いできないのでしょうか?
A:申し訳ありませんが、当院では、基本的に予防医療を行っておりません。予防注射などの健康管理や緊急性のない一般診療は、かかりつけ医またはお近くの動物病院をご利用いただけますようお願いいたします。


Q:薬だけ欲しい場合、薬の名前がわかれば処方してもらえますか?
A:申し訳ありませんが、診察をせずに薬を処方することは獣医師法で禁じられております。お電話の上、来院され、診察を受けられますようお願いいたします。


Q:料金を負担すれば、送迎や往診をしてもらうことはできますか? 
A:申し訳ありませんが、当院では送迎も往診も行っておりません。何とぞご了承いただけますようお願いいたします。


Q:夜間でも院内でCTやMRIを撮ることはできますか?
A:申し訳ありませんが、現在は画像診断の夜間対応は行っておりません。が、将来的には夜間救急にも対応できるよう体制を整えている段階です。

診療時間について

Q:診療時間をもっと朝までのばしてもらえたら、より安心なのですが・・・?
A:将来的にはそのように対応できますよう検討しておりますが、諸般の事情により、今は現体制の維持が限界です。何とぞご理解いただけますようお願いいたします。


Q:診療時間内に電話をしても25時迄に到着できなければ診てもらえないのでしょうか?
A:25時までにお電話にてご来院のご予約をいただければ診察は可能ですが、25時以降にご到着の場合は時間外料金が発生しますので、できるだけ早め(診療時間内)のご来院をお勧めします。



救急外来
🕒 毎日 9:00 ~ 25:00

📞 048-229-7390(9-17時)
📞 048-229-7299(17-25時)
※おかけ間違いのないようご注意ください。