Menu

当院について

Quality

国際水準のチーム医療をご提供致します。

どうぶつの総合病院では、動物の医療の質や安全性の向上、高度化に伴うニーズに対応するため、専門診療、救急治療、診断部門の様々なスタッフが連携して治療に当たるチーム医療を目標としています。国際的に認められた専門医資格を有する専門医を配属し、各科を率いて治療に当たります。世界トップレベルといわれる米国獣医学協会(American Veterinary Mecical Association)に認定された各専門分野の学会に認定を受ける専門医および国内第一人者を複数配属したアジア圏でも数少ないの私立動物医療施設です。また、次世代の獣医師育成に貢献することを目指し、教育施設として、農林水産大臣指定臨床研修診療施設にも認定されています。


専門診療について

当院では、国際的な公的学術学会に認められた専門医資格または国内の第一人者を各科に配属しています。
これらの資格を取得するには、獣医師の国家資格を取得したのち、各団体が認定した大学・教育病院などで複数年にわたるレジデントプログラムを修了し、専門試験に合格することが必要です。

[ 当院の専門医の資格一覧 ]
Diplomate American Collage of Veterinary Anesthegiology and Analgesia
Diplomate American Collage of Veterinary Behaviorists
Diplomate Asian Collage of Veterinary Dermatology
Diplomate American College of Veterinary Internal Medicine (Neurology)
Diplomate American College of Veterinary Pathologists (Anatomic Pathology)
Diplomate American College of Veterinary Pathologists (Clinical Pathology)
Diplomate American College of Veterinary Radiology
Diplomate American College of Veterinary Internal Medicine (Cargiology)
Diplomate Asian College of Veterinary Internal Medicine (Cargiology)

エビデンスに基づく医療

当院のすべての診療科は、根拠(エビデンス)に基づく治療を指針としています。問診、身体評価、各種検査により、根拠に基づく質の高い医療をしています。また、専門用語を理解しやすい言葉で説明し、治療に伴う副作用やリスクについてもご家族の皆様に納得していただいた上で、診療にあたっています。

24時間体制の入院管理

入院は、365日24時間体制で対応しています。急変や合併症の発症を防ぐモニタリングと治療により、皆様の大切なご家族をお預かりしています。

緊急症例に柔軟に対応

緊急性の高い症例は、救急センターで日夜対応しています。救急対応後、かかりつけ医での治療継続のみならず、救急センターから外科や神経科へのスムーズな連携を行なっています。

多種多様な外科手術に対応

当院では、一般的な病院では実施が難しい胸腔内、腹腔内の軟部組織手術や、TPLOを含めた様々な整形外科手術を実施しています。軟部外科症例では、画像診断科や臨床病理科と協力し、また整形外科疾患では、ひとつひとつの症例に丁寧に身体検査を実施し、的確な診断を下します。診断に基づき、安全で的確な手術を実施いたします。予約診療での手術はもちろん、夜間も外科スタッフが待機し、緊急手術に対応しています。

安全性向上ための麻酔管理

当院では、米国獣医麻酔学専門医を麻酔チームに配属し、それぞれの動物に合わせたオーダーメイドの麻酔プロトコールを作成し、安全性の向上に努めています。年齢や病気で麻酔のリスクが高く、手術は困難と思われる症例でも当院の麻酔チームによって手術が可能となる場合があります。

幅広く脳脊髄疾患に対応

米国獣医神経学専門医を配属し、神経内科疾患や神経外科疾患に幅広く対応しています。週7日間稼動しているMRI,CTを駆使し、椎間板ヘルニアなどの脊椎手術や脳手術にも対応しています。脳腫瘍は手術のみならず放射線治療など他の治療方法もある中で、個々の動物にとってより良い治療方法を一緒に考えます。神経疾患は迅速な対応が必要となることも多く、通常の予約診察以外にも救急救命科と連携して柔軟に対応いたします。

的確な画像診断

X線検査、超音波検査、CT検査、MRI検査は、病気を見つけ、評価する重要な検査です。当院の画像診断科には、国内の第一人者、また米国画像診断医が常勤し、高度医療に対応しています。当院の予約診療の画像診断検査は、画像診断専門医の率いるチームによって実施されます。

迅速病理診断

病理科は、動物から採取された組織や細胞について、病理医が顕微鏡下で診断を行っています。常勤の病理診断医を配属し、迅速かつ的確な診断を実施しています。迅速術中診断も実施しています。当院は、細胞診診断と病理組織診断の2つの米国専門医資格を有する病理診断医が常勤するアジア圏で数少ない動物医療施設です。一般病理検査を始め、骨髄検査、腎生検にも対応しています。全国のホームドクターの皆様からの検体検査も実施しています。

難治性皮膚疾患の治療

当院では、アジア皮膚科専門医を配置し、難治性の皮膚疾患にも積極的に取り組んでいます。新しい診療技術の開発に取り組むとともに、豊富な臨床経験を駆使した柔軟な対応を検討しています。皮膚生検では、臨床と病理に解離が生じないよう、病理医と連携しながら皮膚科医自身が診断をしています。

行動診療科の取り組み

当院では、国内で初めて米国獣医行動学専門医を行動診療科に配置し、ご家族の中でほえる、噛むなどの不安、怒りの問題行動のある動物の行動診療に取り組んでいます。生活環境を詳細に把握し、初診では2時間以上の丁寧な問診を行い、ご家族が困る行動がなぜ起こるのか、言葉が話せない動物の気持ちを理解し、ご家族にその対応を指導します。